リョウガ・2020『使用の感想と活用』

この記事は1分で読めます

リョウガは基本、とても頑丈。そして飛距離も結構出る。あと巻き心地が最高。ってことで、自分的にはかなり重宝している機種ですね。近所のリザーバーから、琵琶湖には必ず持っていってますね。なーに投げても反応せんのにビックベイトのみ反応するっていうコンディションは意外と多いんで。

まま、ロクマル級が期待できるフィールドでこそ、このリョウガ2020が大活躍するという位置づけなんで、そうでなければ無理してリョウガの2020番にしなくてもいいですね。(コンク200とかコンクDCとか良いの有るんで)

ちなみに、自分は、ヒュージ81と合わせるのがリョウガ2020の使い方として定着させてますね。ただ、これに13ozくらいのビックベイトまで使うわけですけど、使い出したばかりの頃はたまに竿ごと飛ばしそうになったことがありましたねw

正直、筋トレと思っていい程の重量感があるんでねwただ、ロクマルが喰ったときは圧倒的安心感です。なにせ、小型クレーンで引っ張ってるようなモンなんでw

関連:パワーゲーム向けのタトゥーラHDが堂々の登場!?

あとは、リョウガは基本、滑らかにルアーが飛んでいくので、ブレーキ調整はシビアにやったほうがいいっすね。

パーミングもそんなにしやすくないんで、デカイ竿と合わせるなら、慣れるのに時間かかります。特に、「自分ぜんぜん力ねーんだよね・・」って場合はリアルにやめたほうがいいかもしれません。

って事で、個人的にジャイアントベイト専用ならリョウガ2020がベストっすね!!って話でした。

The following two tabs change content below.

ミスターK

飽き性で酒好きのKです。好きなお酒は、ビール!時々ワイン。あとベイトリールは入れ替えがし易い為、ついつい飽きて変えてしまいます(汗)最近は14カルコン、キムケンのアブのベイト、ジリオンTWなどなど。至福の時間は湖上で飲むビール。これするとよく釣れますよ!笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カウンター

  • 70557総訪問者数: